本文へスキップ

東伊豆町の築城石

東伊豆町内に残る「角石」です。


東伊豆町内の町中、山中には江戸城の石垣の角に使用される、
特別巨大な築城石が点在しています。
この築城石は「角石(すみいし)」と呼ばれ、採石の際は幕府から寸法が
厳しく定められていました。角石は石丁場から修羅道(石曳道)を経て
積載船に乗せられ江戸まで運ばれたのです。


畳石(御進上石)

稲取・栗田家の門前。二本の角石が鎮座しています。いずれも松平土佐守から幕府への御進上石です。

愛宕山御進上石

稲取・愛宕山山中の御進上角石です。近年石材のため割られましたが刻字が発見され残されました。

八幡神社御進上石

稲取の海岸にあった御進上石を若者達が八幡神社まで運び、忠魂碑の礎石としました。

磯脇石丁場御進上石

静岡県立稲取高校から海岸に向かう舗装路下の御進上石です。現在放置状態で保全がされていません。

吉祥寺御進上石

稲取・吉祥寺の角石です。「進上」の刻字はありませんが松平家の「柏一葉」紋が刻まれています。

役場庁舎御進上石

東伊豆役場海側より庁舎に向かって左側に展示されている完成角石です。

役場庁舎角石

東伊豆役場海側より庁舎に向かって右側に展示されている角石です。北川より移設されました。

伊豆急稲取駅前角石

稲取・本林石丁場から移設された完成角石です。小口には有馬家の釘抜紋が刻まれています。

熱川海岸角石

大川地区より運ばれた築城石です。ゴミ集積場所の横とはあまりにも酷い扱いではありませんか。

太田道灌像角石

太田道灌と築城石は全く関係ありません。立て看板記載事項、全て偽りです。

奈良本公民館角石

ここの築城石も大川地区谷戸山より移設された大型角石です。

北川築城石公園角石

築城石公園とは名ばかり、移設された角石と矢割石一つだけ展示されています。

ギャラリー

イメージ01

ぼなき石

羽柴左衛門太夫(福島正則)の文字と刻印が確認されている角石です。東伊豆町文化財指定されています。

細久保石丁場角石群

細久保石丁場というより町内石丁場最大の見所、複数並ぶ角石と大型割石は圧巻です。

谷戸ノ入石丁場畑内角石

みかん畑に鎮座する大型角石です。付近の刻印から浅野紀伊守幸長37万4千石担当の石丁場と思われます。

谷戸ノ入石丁場竹林上角石

谷戸山の石丁場群に入る沢、北方向に向かって左側竹林を抜けたところに位置する小型角石です。。

谷戸ノ入南東斜面角石

前述二ヶ所谷戸ノ入石丁場角石の中間位置、周囲に多くの割石が残る石丁場内小型完成角石です。

谷戸山石丁場林道角石

谷戸山石丁場群に入る舗装林道入口付近の角石です。見失いがちですが、以外と大型角石なのです。

谷戸山石丁場林道奥角石

周囲の刻印から出雲、堀尾家担当丁場の角石と思われますが定かではありません。とにかくデカイ!

谷戸山荒削り角石

谷戸山石丁場群舗装路林道最深部の北側斜面に残る巨大荒削り角石です。大きさに圧倒されます。

谷戸山石丁場二柱角石

谷戸山石丁場南東斜面最上部に並ぶ二柱の大型完成角石です。切り出した残石が多数存在しています。。

鍋島勝茂担当丁場角石

付近の刻印から備前佐賀・鍋島勝茂担当丁場に存在する角石です。角石切り出し工程がわかる石材です。

鍋島家担当丁場荒削角石

完成前の大型角石です。切り出した大型岩体も隣接し、残石から大規模石丁場であったことが判ります。

渡邊家の角石

タガネ処理された完成角石です。空屋民家裏に鎮座していますがスズメバチの巣直下で命がけの見学です。

寺山石丁場第一角石

東伊豆エリア最大級の角石です。約1/3が土砂に埋没、要発掘調査の逸品です。

寺山石丁場第二角石

テラス状の石丁場、運び出す直前の完成大型角石です。寺山石丁場は文化財指定されるべき石丁場です。

寺山石丁場第三角石

切り出した母岩と共に現存する大型角石です。重要文化財級の角石ですが指定されていません。

大川三島神社角石

大川地区三島神社に祀られている角石です。2014年、共に年代を過した大楠の木が倒木してしまいました。